各社のファッションレンタルに違いはあるの?

ファッションレンタルのあれこれと、私のライフスタイル

便利なレンタルサービス

その料金と、借りられる点数、借りたアイテムの取り扱いと条件については勿論ですが、自分で選ぶタイプか、スタイリストが選ぶタイプかも、忘れずに確認しましょう。 対応できるファッションアイテムの幅(洋服だけの所、服飾全般OKの所など様々です)や、そのアイテムの系統やブランドの確認も大切です。

ファッションレンタルサービスを選ぶポイント

ふと気づくと、いつも無難で似たような服ばかり着ていた。
その時は良いと思って買った服も、なんだか着る機会がなく、気が付けばタンスの肥やしになっていた。
新しい服を買うにも、時間に追われる忙しい毎日で、店に買いに行く暇もなく、そもそも何を買うべきなのかもよくわからない。
これは特別な日に限ったことではなく、普段の生活の中で、誰にでも経験があるのではないでしょうか?
この悩みを解消したのが、ファッションレンタルサービスです。

アメリカで流行したこのシステムは、ファッションの新しい楽しみ方として、その後日本にも上陸。
2014年後半頃から、急速にサービスが拡がってきました。
お店に行かなくても、買わなくても、気に入った服が自宅で試せるとあって、希望者が殺到していますが、新規の利用は順番待ちになっている所もあるようです。

どの会社のサービスも、同時レンタルできる数に制限はありますが、借りているものを全て返却すれば、また新しいアイテムを借りることができます。
サービスには、自分で選んだ洋服が届くタイプと、予め好みやサイズなどを登録し、スタイリストがコーディネートしたものが届くタイプがあります。
殆どのサービスは、送料やクリーニングも月額料金に含まれ、また返却期限もないため、自分の生活スタイルやシチュエーションに合わせた試着が可能。
気に入ったものはそのまま買い取りもできるので、普段なら、「気になるけど、どうしよう」と購入を迷ってしまうような服でも、自宅でゆっくり試せるわけです。
それなら新しいファッションに挑戦することも出来て、そう考えると、とても便利なサービスと言えます。
では、実際利用を考える場合、どこの会社をどういう基準で選べばよいでしょうか?

おすすめリンク

私を作るファッション

最初にご紹介した通り、ファッションレンタルサービスには、「自分が着たいものを自分で選ぶタイプ」と、「スタイリストが似合いそうなものを選んでくれるタイプ」があります。 どちらも、新しい自分を発見できるかもしれない楽しみなサービスです。その利点や不利益も考えて選んでみましょう。

具体的なサービス内容

レンタルサービスのシステムについては前述のとおりですが、実際送られてくるアイテムはどんなものでしょう? 届く服は、殆どのサービスで、基本的に古着です。 勿論クリーニング済みの、状態の良いものが届きますが、後日買取を考えた場合、抵抗がある人も居ることでしょう。 自分なりの上手な利用を考えなければいけません。